高い声の出し方

楽々〜に♪高い声を出せるようにしてカラオケを気持ちよく唄ってみませんか?

高い声が出ないのは、声を出す発声方法が間違っています。
もし、間違えた方法で無理して練習を続けると、大切な喉を痛めることのなる場合があります。
あなたは高い声を出すための正しい高音開発トレーニングの方法を知りたいと思いませんか?
一般書店では決して手に入れることのできない高音域開発のボイストレーニングノウハウを大公開!!


高い声



高音域開発

※注 匿秘性が高いため予告なく値上げされる場合や販売が中止される場合があります。

高い声




高い声の出し方

あなたはカラオケが好きですか?それとも嫌いですか?もしも彼女に「カラオケに遊びに行こう」 って誘われた時、あなたはその時どう思うでしょうか?そこそこ、人並みに歌が上手なら喜んで 行くでしょう。でも、そうでもない人もいると思います。歌が上手ない人にとっては、その 「カラオケに行こう」という言葉が聞きたく無い人もいるようです。カラオケが上手くないと いっても、それにはいろいろな原因があります。例えば、なぜか音程が上手く取れない?とか、曲 のメロディーと歌声が合っていないとか、高い声を出すことができないとかです。そういった原因 の中でメロディーには自信があるけど、高い声を出す事ができなくて歌を最後まで気持ちよく歌え ないため悩んでいる人も結構いるようです。高い声を出すことが、できないばかりに上手く歌を歌 いきる事ができない、とか高い声が出ないために顔がとても苦しそうな表情になってしまう。それ を人に見られるのがいやだとか。また聴いている側も、いつ声がひっくり換えるのではないかと 不安に聴いている。でも、こんな悩みをお持ちの人でもあるコツで今まで歌えなかった曲が楽に歌 えるようになる高い声の出し方が有るのです。このサイトではその高い声の出し方をあなたに伝授 しましょう。高い声の出し方を知ればカラオケが上達するだけではなく、歌える曲のレパートリー も増えてカラオケに行くのが絶対に楽しくなると思います。しかし、 ここ最近の楽曲はとてもキーが高い楽曲が多いですよね。なのでカラオケの歌本を見ると、一般 の方では歌えそうにない楽曲は予めキーを下げて設定してある物もあります。中には、最初から 5個もキーの下がっているものもあります。このことからも最近の楽曲がいかにキーが高いかが、 お分かりになると思います。しかし、それでも人によっては、それでも高いという人がいます。 これは声の高さというのは人それぞれ違うのでそれは、しょうがないかも知れません。そういう 場合でキーが高い楽曲を歌うにはカラオケ機に装備されているキーコントロール通称「キーコン」 で自分の歌いやすい音域までキーを下げれば歌えるようになります。キーはあまり下げすぎると こんどは逆に低すぎて非常に歌いにくくなってしまいます。歌って いるときに声に張りがなく元気の無い歌い方、本当はもっと出せそうだが声が出しきれていない つまり、ボソボソ状態になっている時は、キーが低すぎる証拠です。適切なキーの設定のコツは、 曲のもっともキーの高いサビの部分が楽に歌えるように設定すれば上手く歌えると思いますので 一度トライしてみてください。キーが自分に合うだけで意外と今まで以上にカラオケが上手く歌 える場合も多々あります。原曲キーつまり楽曲のそのままのキーで歌ってみたいというのにも憧れ ますよね。高音の「透き通るような高音でラクラクに歌えればどんなに気持ちが良いことか・・・」 と思われた方もいるかも知れません。でもキーの高い曲をカラオケで原曲キーのままで歌うには高い 声が出なければ上手に歌い上げることができません。無理をして高い声を出そうとすると歌の途中で 声が出なくなったり、または声がひっくり返ってしまったりします。こんな風になってしまうと聴い ている方も、こご地よくはありません。また、、無理をして歌っても自分では高音の高い声で歌って いるつもりでも、実はただたんに声を張り 上げて、大きな声で叫んでいる?だけで音程も外れて いるということもあります。このように無理をすると後になって喉が痛むとかガラガラ声になると いうこともあります。高音の高い声と、大きな声とは全然違うんですよ。なので高音が楽に出せる 発声方法を行わなければいけません。高音域を歌うための高い声にするには、正しい知識のもとで ハイトーンボイストレーニングを重ねることで習得することができます。人によっては高音域を開発 するハイトーンボイストレーニングによって男性なのに女性並みの歌声を出せるようになられる方も います。

高音域開発

高い声

高い声を出すためのボイストレーニングのやり方

キーの高いカラオケを上手に歌うための高音域を開発するためのハイトーンボイストレーニングで、 トレーニング中にもしも喉がヒリヒリと痛くなってきたとか、喉が閉めるけられるように苦しくって 声が出しにくくなったという場合は、すぐにトレーニングをすぐに中止しましょう。 このような症状を感じたときはそれは正しい発声法ではないために喉に無理な負担がかかっているの です。もしも、それでも無理をしてトレーニングをすると、高音が出せるどころか、あなたの大切な 声を出すための喉の声帯にポリープができてしまったり、声帯にキズをつけて発声障害になる可能性 がありますので注意しなくてはいけません。それは、やはり間違った発声方法をしているので正しい 方法で行わなければいけません。このノウハウでは無理のない正しいやり方を知ることができます。

疑問に答える質問コーナー

inserted by FC2 system